FC2ブログ

よいマンションとは その1

こんばんは、エム管理不動産です。

これまで、HPやブログに「よりよいマンション管理」などと度々書いておりますが、
そもそも「よいマンション」「よい管理」とは一体なんぞや?という疑問がわいてくるかと思います。

マンション管理士である不肖私が考える「よいマンション」とは、この3つ。

1.状況に見合った管理規約がある。
2.修繕費の積立がきちんとでき、流れが把握できている。
3.マンション内のコミュニティができている。


本日は「1.状況に見合った管理規約がある」について。

管理規約とは、そのマンション内のルールです。「小鳥を飼ってよいか」から「老朽化した際の建替え方法」まで、幅広く定められます。

最近の分譲マンションでは、あらかじめ分譲業者が作成しているケースも多いのですが、
実はマンションができて以来、一度も作ったことがない、というマンションも少なくありません。

それに、一度作ってしまえばOKとも限りません。時間が経ち、入居者が変わり、劣化も進み…という状況に合わせて、変更も必要です。

管理規約は、住んでいる皆さんで話し合って作るのが原則です。
しかしいざ作るとなると、法律的な要件がかかわってきます。
一定以上の賛成が必要だとか、こういうことは書いちゃダメだとか。
さらに、おいそれと変更できるわけではありません。
集会の開催通知をだし、集会で住民の賛成をもらわないと、変更できないんですね。

ここまで話を聞いただけで、めんどくさそうだなあと思った方!
そうなんです、これ結構大変なんです!!!

そんならもう、そんな大変なもの無くてもいいじゃんと思った方!
そうは問屋が卸さないのです!

20階建ての高層マンションで、明日、エレベーターが止まるかもしれないんです。修理もきかず、総とっかえが必要かもしれません。
住民みんなが毎月払ってる管理費からお金出すかと思いきや、
「滞納者が多くて実は管理費ぜんぜん貯まってない」ってことになったら・・・困りますよね?

管理費は毎月一戸いくら負担する、滞納者にはどういう督促をする、管理者を設ける。
こういったことが細かく規約で決まっていれば、不備なく回収できてたかもしれないのに…

何かあってからでは遅いのです。

規約を作るのは面倒です。日々の仕事が忙しく、いちいちやってられるかという気持ちもごもっともです。
しかし、その大変な作成プロセスを経て、住民の生活スタイルに適応する管理規約を持ったマンションというのは、大変魅力的といえると、私は考えています。

今マンションにお住まいの方、管理規約は入居時にもらったっきり見てもいないいう方、
ぜひあらためて、まじまじと目を通してみてください。
案外「へえ、そうなんだ」ということが書いてあるかもしれません。
そして、その規約が、マンションの現状に沿っているかどうかにも、思いを巡らせてみてください。

私たちのマンションにはこんな規約がある。そう認識することが、マンション管理の第一歩です。

2、3についてはまたのちほど…
エム管理不動産
スポンサーサイト



プロフィール

エム管理不動産(永田行政書士事務所)

Author:エム管理不動産(永田行政書士事務所)
エム管理不動産(永田行政書士事務所)では「不動産取引」「分譲マンション管理組合支援業務」「行政書士業務」を行っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR