FC2ブログ

静かなトランポリン

 最近、音が響きにくい室内用のトランポリンが流行っているようです。
 マンションは静かにしなければならないが、子供に騒ぐなというのは無理があり、また、運動することが成長には必要という悩みの解決にも役立つようです。
 ※実際のところは使用したことが無いのでなんともいえませんが。

 確かに、上下階騒音はマンショントラブルの件数でも常に上位にくる内容で、私自身もよく相談をお受けしています。マンションではコンクリートの壁一枚を隔てて全く違う家庭が存在し、家族構成やライフサイクルの違いによって生活音も変わってきます。
 赤ちゃんや子供のいる家庭と夫婦のみの家庭があったり、昼間に働いて夜は団らんを過ごす家庭と夜中になって帰宅する家庭もあります。勿論、皆さんそれぞれに音を立てる方としても気を遣い、うるさいと感じる方も言いにくかったりするし、どうにかして解決したい内容ですよね。

 こうした相談がマンションの管理組合に、そして私のところにも来る訳ですが、そもそも管理組合は、原則として共用部分や全体の管理を行うための組織です。
その騒音が広範囲の住人に影響を及ぼしていたり、共用部分に関係する場合には、管理組合として申し入れを行うなどできますが、上下2戸間の個人的なトラブルに介入するには制限があるのです。
 そうはいっても、住人の方にとって頼りになるのは管理組合または管理会社。また個人同士で話し合うとしてもカドが立ってしまうとトラブルが大きくなってしまいます。
 なので一先ず管理組合から、特定の住戸にではなく、全戸に向けて「音に対する注意のお願い」として文書を配布したり掲示したりします。
 それでも解決しないときには、やむを得ず管理組合としてお願いしたりするですが、なかなかデリケートな問題で解決法はケースバイケースとなってしまいます。

 そういう我が家(集合住宅の1階)も、上階の家庭には小さな女の子がおり、元気に走り回る音が結構夜中まで音が響いてきます。ですが、何度も挨拶をして顔見知りになるうちに、「ああ今日も元気だなあ」と微笑ましく思えたり、同じ音でも1トーン、2トーン下がって感じます。
 どんな方が住んでいるのだろうとイメージできる事で、譲り合いの気持ちも生まれますし、相手も気を遣っていることが解るだけでも気持ちが寛大になれるものです。

 長くなりましたが、冒頭の「室内用トランポリン」をはじめ、音を立ててしまう事が避けられない場合でも、こうした配慮をすること、そして周囲の方とお話をすることで少しでもトラブルが減ればと思っています。

エム管理不動産
スポンサーサイト



プロフィール

エム管理不動産(永田行政書士事務所)

Author:エム管理不動産(永田行政書士事務所)
エム管理不動産(永田行政書士事務所)では「不動産取引」「分譲マンション管理組合支援業務」「行政書士業務」を行っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR