FC2ブログ

停電・断水のトイレ対応

 「台風21号」「西日本豪雨」「大阪北部地震」「北海道胆振東部地震」と今年は日本列島も多くの災害に見舞われました。
 被災した地域の皆様におきましては、謹んでお見舞いを申し上げます。

 幸いなことに私の周りの方々は無事でしたが、広島には妻の身内もおり、北海道には知人もいます。台風21号では、マンションのような堅固な建物でも危険が及び損傷が出ています。今も災害復旧の為に全国研修などでお会いして歓談させていただいた各県のマンション管理士会の先生方も奔走されていることと思います。

 ふと、思い返せばここ10年程「異常気象」と騒がれながらも、身近では大きな変化もなく、いつも通りと感じて慣れてしまっていた自分もいました。
 しかし、今回は、変わり目は急に訪れるものだと実感させられているところです。

 緩急を付けずに常に気を張り続けるというのは大変な事でもありますが、何もないのは幸いなこと。そういった中で、日頃から災害への備えというものにも気を配ることを忘れないようにしなければいけませんね。改めて身の引き締まる思いです。

 そこで、2つのものが目に入ってきました。
 1つ目は、熊本県マンション管理組合連合会が発行している「マンション地震対応箱 MEAS(Mansion Earthquake Action Sheet box)」。
①地震直後の混乱した中で管理組合=住民が取るべき行動指示
②初めて経験する震災からの復旧に対して管理組合が行動すべきことや様々な課題に対しての指針と指示(復旧までのスムーズな住民の合意形成と実行への道しるべ)
 このように、地震が発生した場合にどのような行動をとればいいのか。判り易くカードにして1つの箱に収められています。カードだからそのままマンションの掲示板などにも貼って知らせることもできるようです。
 混乱している状況では複雑な専門書を読むよりも、まずは明確で迅速な対応が必要かと思います。
 有料(9,800円+税)ですが、まずは私の事務所で1つ購入しました。

 2つ目は、内閣府の「TEAM防災ジャパン」で紹介されている「減災チーム・トイレの備え」で掲載されている「断水(停電)でトイレにお困りの方へ」という記事。
 被災時にトイレをどう確保するのかは非常に大切な事かと思います。鹿児島でも平成5年の8・6水害では断水を経験しました。
 被災時の参考になればと思いリンクを張らさせていただきます。

 リンク(該当ページ)⇒断水(停電)でトイレにお困りの方へ

エム管理不動産
スポンサーサイト



プロフィール

エム管理不動産(永田行政書士事務所)

Author:エム管理不動産(永田行政書士事務所)
エム管理不動産(永田行政書士事務所)では「不動産取引」「分譲マンション管理組合支援業務」「行政書士業務」を行っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR