FC2ブログ

マンションの適正管理に係る条例

最近、自治体による「マンションの適正管理に係る条例」の話題が増えてきているように感じます。
今のところマンションの多い都市部での動きに留まっていますが、マンションの社会的重要性が認知されてきていること、限界マンション等と呼ばれる管理不全への懸念が大きく影響しているのではないかと思います。

条例では、マンションに管理状況の届出を求めることで、管理不全に陥る可能性のあるマンションの把握、マンションに対する行政の支援策を行き届かせる、優良マンションに対しては認証制度をもってその表示を可能にするといった内容が主なものとなっています。

事業所ではない民間の住宅であるマンションには、これまで行政の関与というものはそれほど強くなかったように感じていましたが、マンションに関する法律や基準となる標準管理規約等は時代を経るごとに変更が加えられ、ガイドライン等もさまざま公表されています。やはり、1つの建物に多数の住戸が存在するマンションは、社会や都市環境に与える影響も大きいですし、まずは行政が主導して取組が進んでいくのかなと思ったところです。

不動産業界でも中古住宅にはインスペクションを行ったり、保険を付けたりと情報開示が進み、その上で良好な状態であれば様々な恩恵が受けられるようになってきています。
マンションに関しても、これからは外部に情報を開示していくということを意識した運営が求められてくるのかもしれません。

管理組合運営に関するご相談は「エム管理不動産」まで。
スポンサーサイト



プロフィール

エム管理不動産(永田行政書士事務所)

Author:エム管理不動産(永田行政書士事務所)
エム管理不動産(永田行政書士事務所)では「不動産取引」「分譲マンション管理組合支援業務」「行政書士業務」を行っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR