FC2ブログ

マンション管理の参考書籍

こんばんは。

先日、弊社のホームページでもご紹介したマンション管理センターの新刊、タイトルは少し長めですが「マンション管理組合に適用される個人情報保護法と管理組合で作成する名簿の取扱いに関する細則モデル(改正個人情報保護法を踏まえ改訂)」を早速購入しました。
2019012201.jpg

先日の個人情報保護法の改正では、個人情報保護法の適用事業者の範囲が拡大して「管理組合」や「町内会」などの小規模な組織でも、適用事業者になりました。
結論から言って、実際に何が変わるかといえば、これまで個人情報をしっかりと守っていた管理組合では、特に大きな変更はありません。
??…では、何が問題かと言えば、この「個人情報をしっかりと守っている」と言うところが肝になります。
つまり、取得目的は?管理方法は?といったようなものがしっかりしているか。適正なのか。ということです。

もちろん、適正なルールに則ってしっかりされている管理組合もあれば、「しっかりしているつもりだけど。」「どういうことだろう。」という管理組合もあると思います。
そんな場合に、私共、管理士としては、法律的な義務でもありますので、明確なルールを作成することで継続的に適正な運営をおすすめします。
このように個人情報に関してのルールを管理組合で作成しようとする場合に是非お役立て頂ければと思う書籍です。

同時に、「点検・調査・診断のすすめ方」という書籍も発刊されていましたので、購入してみました。
当然、大規模修繕が近くなってきたり、一定周期毎の点検等では建築や設備の専門家に依頼してこのような業務を行っていただきますが、必ずしも「専門家に依頼してしっかりとした結果通知書をもって」という場面だけではなく、とりあえずマンションの将来について検討したいとか、現状を知ることで今後の運営の参考にしたいということもあると思います。
実際、管理士として顧問をしていると、簡易にでも構いませんので全体の把握をしておくことが運営の道筋をつけるのに大いに役立ちます。

今回は以上2冊を参考として購入してみました。
「マンション管理センター」からは、こうした有益な書籍が多数発刊されています。
是非参考にしてみてください。
スポンサーサイト



プロフィール

エム管理不動産(永田行政書士事務所)

Author:エム管理不動産(永田行政書士事務所)
エム管理不動産(永田行政書士事務所)では「不動産取引」「分譲マンション管理組合支援業務」「行政書士業務」を行っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR