FC2ブログ

更新料と更新事務手数料の話

 入退去シーズンとなり、物件の問い合わせや退去の連絡が増えてきています。そんな中、最近はお客様からの問い合わせに「更新料」についてというのが増えてきたように感じます。

 よく話を聞いてみると、どうも更新料が「家賃の1か月分」ということであったり、「1万円」ということであったり、だいぶ金額に差があるようです。

 その点について、2つ並べてみます。
 前者の「家賃の1か月分」というのは「更新料」のことを言っていて、礼金と同じで更新の際に貸主に支払うもの。
 後者の「1万円」というのは「更新事務手数料」のことを言っていて、更新手続きを行う管理会社等に支払う事務手数料。
 金額については、全国的には、「更新料」は家賃の1カ月~2カ月分(1ヶ月分が多い)程度、「更新事務手数料」は10,000円~月家賃の半額程度が多いようです。

 地域の商習慣も影響していて、鹿児島では、更新料の定めはなく、更新事務手数料は10,000円程度が多いようです。(最近は25,000円程度まであるようです)
 よく話を聞いてみると、「子供が関東にいて更新料に2カ月分かかると言われた」など、まだ更新料は本県ではあまりなさそうです。

 似ているようで異なる「更新料」と「更新事務手数料」。その商習慣も金額も違いますので、もちろん、その金額が法外な額のかどうかの判断も異なります。
注)相談となると、まず、どうしても法外なことをイメージしがちですが、更新事務も大家さんと借主さんの契約を維持するために大切な業務ですから、そのための費用としては適正な金額があります。大家さんからすれば、入居者が無断で替わっていたとか保険が切れていたとかのトラブルがなくなりますし、借主さんからすれば、契約内容が不明になる等のトラブルがなく安心して住み続けることができます。

 更新料も更新事務手数料の額は大家さんや不動産業者によって異なりますので、契約する際には、後のトラブルにならないよう、説明を十分に聞いて納得してから契約してください。

 ちなみに弊所の管理物件では、更新事務は大家から毎月いただいている管理料に含まれるものと考えまして、借主さんからの負担はいただいておりません。

エム管理不動産
スポンサーサイト



プロフィール

エム管理不動産(永田行政書士事務所)

Author:エム管理不動産(永田行政書士事務所)
エム管理不動産(永田行政書士事務所)では「不動産取引」「分譲マンション管理組合支援業務」「行政書士業務」を行っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR