FC2ブログ

水道料金の減免について、水道料金「一括式」を採用しているマンションで考慮すべきこと

おはようございます。

梅雨に入って本格的な雨が降り始めましたね。
本来なら、今日(第2木曜)は信用金庫の日ということで、お付き合いさせていただいている鹿児島相互信用金庫さんのボランティア清掃の予定だったのですが、雨天延期で来週になりました。

さて、今日のお話は「コロナ関係で多くの自治体が水道料の減免を打ち出している。」ことについて。
例に漏れず、鹿児島市も6月1日から上水道の基本料金が免除されています。

外出制限で自宅で過ごすことが多くなった結果、水道使用料も多くなっている。運営を自治体が担っているので自治体の判断で措置を決めやすい。ということからのようです。
ただ、水道事業の収益に影響しないのかな。安心安全な水の確保に今後影響は出ないのかな。など心配事も挙げれば枚挙に暇がないのですが。
ちょっと前、電気やガスの小売事業者の参入が話題になった時期に水道事業も自由化されたらどうなるんだろう!?って業界の方々と話をした記憶もあります。
水は最も大事なインフラですから、いろいろ気になってしまいますね。

さて、本題。
水道料の減免についてマンション管理士の立場から一つ。
分譲マンションで「一括式」を採用している場合には注意が必要です。

一括式というのは、マンションに親メーターが設置されていて水道局からは管理組合に請求がされるというものです。各戸には管理組合が使用料に応じて水道料金を請求します。一括式を導入されているマンションにお住まいの方はすぐに判ると思います。水道料金差益等が発生するのも一括式ならでは、です。

ここで、「水道料の減免がされるのは誰だろう?」ってことなんですが、一括式の場合には水道局から請求される管理組合です。
居住者の方には、管理組合が請求する水道代から減免分を引いて差し上げないと自治体の支援が行き届かないということになってしまいます。

※規約や運用上の取扱い、総会の決議によっても減免するかどうかが異なる場合もありますので、個別にはマンションでの話し合いや専門家に相談を行うことをお勧めします。

エム管理不動産 [ホームページ]
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エム管理不動産(永田行政書士事務所)

Author:エム管理不動産(永田行政書士事務所)
エム管理不動産(永田行政書士事務所)では「不動産取引」「分譲マンション管理組合支援業務」「行政書士業務」を行っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR