FC2ブログ

「電動自転車って重たいんですね。駐輪場の使用にあたっては施設側も利用者側も気を付けて」

おはようございます。

さて、今日は駐輪場問題のお話です。

最近、電動自転車の駐輪場問題が大きな話題になってきていますね。
うちにも、小さい子供がいますので(まだ1歳ですが)いずれ直面する問題かな。

自転車と一括りに言っても、小型のものやスポーツ仕様の軽量なもの、大型で重量のある電動のものまで様々です。
そして、オプションまで含むと幅広いカゴ付きや子供用の椅子が着いているものまで、更に多種多様になります。

これが、集合住宅の駐輪場だとそれぞれの世帯のライフスタイルに合わせた自転車が混在しています。
不動産の広告やマンションの管理規約等でも駐輪場と書かれるのみで大きさ等の制限については書かれていないものも多いですので、いざ駐輪場を利用しようと思っても駐輪場に停められるかどうかはその時の状況次第になってしまうこともあり得ます。

電動自転車は通常のママチャリやシティバイクよりも倍くらいの重さがあるので、ラックの上段を利用するのは厳しいでしょうし、下段でもカゴが引っ掛かって入らなかったりします。
それでも無理に入れると設備を痛めてしまって修理ってことにも繋がりますし、幅を取ると他の利用者の迷惑になって印象が悪くなるということもあります。

こういった駐輪場の対策を行っているマンションや対応した設備を提供しているメーカーもありますが、現実には行き届いていないマンションも多いかと思います。

これから、マンションを購入される方や既にマンションに住んでいて自転車を購入される方は事前に駐輪場もしっかりチェックしてみてくださいね。
施設管理者の方は、トラブルにならないように自転車のサイズや重さに気を付けて配置の工夫をしてみてくださいね。

エム管理不動産 [ホームページ]
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エム管理不動産(永田行政書士事務所)

Author:エム管理不動産(永田行政書士事務所)
エム管理不動産(永田行政書士事務所)では「不動産取引」「分譲マンション管理組合支援業務」「行政書士業務」を行っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR